スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暗記について

暗記(詰め込み)をすることはあしき事なのかと考える。私はそうは思わない。

知識なんかは本やパソコンですぐに出るのだから、知らなくてもいいという意見がある。本当にそうなのかと思ってしまう。なぜなら、考える材料は頭に入れておいたほうがいろいろと効率がいいからだ。たしかに、調べれば出てくるが、それでは時間がかかる。それに、人に話したいときに困る。

受験勉強は暗記だともいわれる。私はその通りだと考えている。学校で出る問題くらいなら、覚えていたほうが楽だし、無駄な時間も減らせる。一回しっかり覚えれば授業を寝ても何も言われない。

暗記をすることは難しいことだと一般的に思われている。一度覚えたことを保持するのが大変なだけで、繰返しをすればいくらでも覚えていらる。自分の母国語を覚えているのは膨大な量の言語体験があるからであって、一度で覚えたわけではありません。

本当に物事を覚えたいと思うときには、ここぞというばかりに集中力を発揮することをお勧めします。一夜漬けのように自分を追い込むのではなく、すぐに終わらせて遊ぼうという気持ちのほうが重要です。暗記系のものは集中的に取り組むとすぐに覚えられます。目的がしっかりしていることが重要です。マスターしたい気持ちがあるとさぐに勉強を終えられます。

思考をするためには暗記は必要です。材料を持たずにはできませんから。どんな学問でも最先端の研究は、それまでの知識を前提としてやります。数学にしろ物理にしろ高校や大学での内容もわからないのに最先端の研究なんかできません。

人間は他人の言葉を使います。私が使っている日本語だって、誰が考えたのかは知りませんが、私が考えたことではないことは確かです。自分のことを言い表すのにも、他人の作った言葉が必要になります。

好きなことは、いくらでも覚えられます。ですから、私は興味のないことにはほとんど近づきません。好きなことのほうがよっぽど吸収できますので。嫌いなことは好きになるまで待つほうが上策だと思います。

暗記はしっかりやると楽しいです。参考書を征服していくのは大変ですができると快感です。単語集は覚えたものばっかりになってくるとうれしくなります。そういったことを念頭に置きながら暗記をするとかかどります。

ゆとり教育では詰め込み教育は否定されていました。結果的には失敗でしたが、私はそれなりに物事を考えられるようになってから、暗記は悪くないと思っていました。やっていて楽しくないのです。覚えることが少ないと授業が本当につまらなく、寝てしまいます。寝れないくらいたくさんのことをおしえてくれる教師が欲しいと考えていました。

人は、知識を持っていることにいやな気持はしないはずです。邪魔にはなりませんし。私は物知りになりたいと小さいころから思っていました。いろんなことを知っているだけでうれしかったのです。

世の中には記憶術がありますが、好きなことはそんなことをしなくとも自然と覚えられます。私は映画が大好きなのですが、俳優や監督の名前はwikipediaで覚えるのですが、少しくらい面倒でも全部読んで覚えます。中身を知らなくともストーリーくらいは知っておきたいので自然と読むのですが、タイトルを見てなんだ?と思ったら、また読みます。そんなことをしているとすぐに覚えられます。

少しふまじめでも何でも知っているような人になりたいです。博覧強記とはいい言葉だと思います。ふだんは馬鹿みたいなことをやっていても実はものすごく物知りというようなギャップが欲しいです。ただの頭でっかちにはあまりなりたくはありませんが。

いろいろと書いてきましたが、わつぃは詰め込み教育に賛成です。物事を知っている奴はやはり強いです。
スポンサーサイト

comment

Secret

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。