スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボーン・スプレマシー 下

昨日の続きです。

この作品はサスペンスの要素が多く、内容は少し暗めです。続編ということなので、前作を観ていないと一部理解できないなと思うところもあります。メインの人物についてはうまく描けていましたが、人間関係が少しわかりづらかったです。

アクションが全体的に多く、ストーリーを観なくても飽きることは少ないです。そういう点で007と少し似ています。ただ、完全に終わったようにはなっていません。次を見ないと完全にはわかりそうにないです。

作中でボーンに殺された人の子供が出てくるのですが、それだとわかるまで、時間がかかりました。アメリカの映画は頃くらいわかるだろうという前提で進んでいくのがつらいところです。

それと、作中でボーンの本当の名前などが出てきました。自作では完全にわかるようになりそうです。

全体的には1作目のほうが2作目より良いなと思いました。

ボーンを探している連中はどこにいるのかわからない、もしくは見つけても毎回逃げられてしまいます。スパイ的な要素もあります。ボーンはスパイなのですけどね。

淡々と進みますので、もっと次がみたいという感じにはならないと思います。確かに面白いのですが、負の要素が多いです。明るくなれる映画ではありません。そういう意味では007のほうが上手です。最近は007も暗くなりましたが・・・

自分の過去がない状態とはどんなものなのでしょうか。過去があるが未来の記憶は保持できない人はいます。海馬をなくすとそうなります。ですが、過去がないというもはあまりありません。いわゆる記憶喪失です。自分の過去を求めて闘うようになるのも当然です。

社会問題を扱った映画ではないので、そこまでメッセージ性はないと思います。ですが、なんとなく伝えたいことがあるような気がします。題材はやるから、あとは自分で考えろみたいな感じですかね。

アクション的な要素は問題なしです。とにかく破壊しつくすような内容ではありませんが、観て損したと思うような映画ではないです。

評価:80点 前作のほうが観やすかったので
スポンサーサイト

comment

Secret

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新記事
FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。